神戸市灘区、阪神岩屋駅前 | 虫歯をはじめ、歯とお口の病気予防に強い歯医者さん

ブログ

口腔ケア専用の電動ブラシ

ホームページの業者から、「もっと先生、ブログに写真とか入れた方が読みやすいですよ。」というアドバイスを頂きました。 不慣れではございますが、今年のはじめに購入した往診専門の口腔ケアグッズを掲載します。   早速公開画面を …

検診と講演

先週の木曜日は休診にしました。 午前中は灘区役所での「成人妊産婦検診」に出務するためです。 午後からは何人かの往診依頼に対応、そして夕方は区内の特別養護老人ホームで職員の方を対象に「口腔ケア」の講演を行ってきました。 普 …

阪神淡路大震災

むさし歯科医院は、阪神淡路大震災で一度全壊しております。 写真など撮る余裕がなかった再開業までの500日でしたが、今から考えればそれでも写真を撮るなりしてしっかり記録に残しておけばよかったと痛感しております。避難所でのボ …

歯石を取るという事は・・・

歯周病菌は最初に歯肉の炎症を引き起こし、やがては付着上皮や歯根膜も破壊していきます。大変悪性の強い歯周病菌。でもこいつ(正式にはジンジバリスとかアクチノマイセスとかの名前があります)は実は結構生命力の弱い細菌なのです。 …

歯周病治療の歴史 その3

平均寿命が50歳前後で、そもそも歯周病治療など必要なかった時代、平均寿命が70歳を超えたのに歯の寿命が追いつかず、歯の動揺を抑える方法がわからないため抜歯して入れ歯を入れるのが歯周病治療(これは歯周病治療とはいえませんが …

笹倉鉄平さん

私の診療室と待合室に飾ってあるポスターの絵は、大部分が「笹倉鉄平」さんという氷上郡出身の画家の絵です。 公式HPアドレスはこちらです。http://www.teppei.net/  西宮に「アートテラス・ギャラリー」とい …

ムーシールドという矯正装置

歯周病の歴史の続編を書くつもりでしたが、何人か子供で乳児期の反対咬合についての質問を受けましたので、一つ画期的な矯正装置について説明します。 反対咬合(受け口の事です。下顎前突とも言います)の治療法については、①永久歯に …

歯周病治療の歴史その2

1950年から、日本の男女共に平均寿命が70歳を越えた1972年頃までには、50歳以上で体が元気なのに歯がぐらぐらする、といった方が歯科医院を訪れるようになりました。 歯石除去などの歯周病治療を全く受けず、自己流の歯磨き …

歯周病治療の歴史その1

歴史なんて大げさなタイトルを付けましたが、この歯周病ほど時代によって治療法が変化してきているものはないのではないかと思います。 まず1950年以前の、日本の平均寿命が60歳未満だった頃には、歯周病予防というものはありませ …

健康保険でも小臼歯は白く治せるんですが・・・

HJK(硬質レジンジャケット冠)という被せ歯があります。 歯の色をしていて、殆ど目立たない修復方法です。 今は材料が進歩して、かなり審美的にも綺麗に治せるようになりました。 咬合による経時的磨耗や着色についてはやはりセラ …

« 1 8 9 10 11 »

院長 武蔵泰弘

診療時間


午前 9:30〜12:30(受付12時迄)
午後 14:30〜19:30(受付19時迄)
土曜午後17:30まで(受付17時迄)
木曜・日曜祝祭日は休診

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © むさし歯科医院 All Rights Reserved.