コロナウイルスは結構熱に強いのではないか?
という記事が出ています。

 

(引用ここから)
フランスの科学者たちは、新型コロナウイルスが60°Cで1時間加熱しても生き残り
複製が可能であることを確認した。
同ウイルスが気温が高い夏にもまだ高い感染率を示すという意見も出ている。

20日、製薬バイオ業界によると、最近フランスのエクス=マルセイユ大学の研究チームが
新型コロナウイルスを摂氏60°Cで1時間加熱した後、検査した結果
まだ活性化されているウイルスが観察されたと伝えた。

今回の研究は、論文の事前発表プラットフォームである
バイオアルカイブ(bioRxiv)に公開されたもので
56°Cから92°Cの間の温度で加熱した後に確認された結果を公開した。
バイオアルカイブは、正式審査を経る前の論文を公開するサイトだ。

研究チームは、アフリカに生息するサバンナモンキーの腎臓細胞に
新型コロナウイルスを感染させた後、温度に応じたウイルスの不活性化の程度を確認した。
温度別にそれぞれ56°Cで30分間、60°Cで1時間、92°Cで15分間加熱した。

また、実際の実験室で起こることがある環境と同じようにするため、感染した細胞に
動物性タンパク質を加え、生物学的汚染をさせたグループを別に作って比較した。

実験結果は、汚染させたグループでは
60°Cでウイルスがまだ活性化されている状態であることが観察された。
60°Cで1時間加熱した場合
SARSとMERSをはじめとするほとんどのウイルスは、非活性化される。

92°Cで15分加熱したグループでは
ウイルスがすべて非活性化されることが確認された。
この92°Cで加熱した場合は、ウイルスの遺伝物質であるRNAも
ほとんど破壊されたことが分かった。
研究チームは、実験室で新型コロナウイルスを非活性化させる時は
加熱することより化学薬品を使用することを勧めた。

一方、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)をはじめとする
いくつかの海外メディアは、高温で死滅しない該当実験結果を根拠に
新型コロナウイルスが夏を通して継続して拡大するという信号だと伝えた。

SCMPは今月初めに「米国医師協会学術誌(JAMA)」に掲載された
中国の研究内容を例に挙げた。
この研究では、新型コロナウイルス感染者が訪れた銭湯で8人が
新たに新型コロナウイルスに感染した事実を報告した。

当時、風呂の温度は40°C以上で、湿度も60%よりも高い高温多湿な環境であった。
研究チームは、これを根拠に
「暖かく湿った環境で新型コロナウイルスの伝染性が弱まるという証拠はない」とし
「夏といって新型コロナウイルスが減るという証拠はない」と主張した。

また、去る8日には、米国国立科学院(NAS)がホワイトハウスに報告した内容も同様の結論であった。

報告書によると、新型コロナウイルスが高い気温と湿度が高い環境で
拡大する効率が低下することがあるといういくつかの証拠があるが
人々の同ウイルスに対する免疫力が弱いため、感染拡大は減らない可能性があると予想した。
(引用ここまで)

 

インフルエンザみたいに、暖かくなれば自然に鎮静化するのではという
楽観論を打ち消すような記事です。

ただ、このフランスでの研究で残念なのは、コロナウイルスとの類似性が指摘される
インフルエンザウイルスとの比較実験がされていない事です。
インフルエンザウイルスでも、同様の結果が出る可能性があります。

それと・・・お猿さんの腎臓細胞に感染させたウイルスで実験したとありますが
腎臓細胞に感染させた、つまりは体内に取り込まれたウイルスの熱耐性ではなく
( というか体内のウイルスに、60度の熱を加える意味がそもそもわからないのですが )
僕は外にいるコロナウイルス単体に対して
どの程度の熱を加えれば死滅(ウイルスの場合は不活性化)するのかという
実験結果が知りたいのですね。

粘膜や皮膚に張り付いているだけのコロナウイルスと
体内に取り込まれて活動を開始したコロナウイルスは別物だと思います。
元より油断などしていませんが、ちょっと世論誘導を感じる記事です。