「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」まさかの新説は本当か? 
にわかには信じがたい記事ですが、紹介します。

喫煙者が新型コロナウイルスに感染しにくいというデータは
フランスだけでなく、各国のデータで確認されているようです。

(引用ここから)
4月24日にフランスのピティエ・サルペトリエール病院から
発表された研究結果のことである。
ニコチンが新型コロナウイルスの感染を抑制している可能性があるというのだ。
同病院の研究チームが新型コロナの患者343人と軽症の感染者139人を調査したところ
喫煙者の割合がわずか5%で、フランスの喫煙率約35%を大きく下回っていたという。
(中略)
アメリカの学術論文「ニューイングランド医学ジャーナル」によれば
中国では感染者1000人中の喫煙者の割合が12.6%という研究結果が出ているが
中国の一般人口の習慣的喫煙者の割合は約26%。
中国社会全体と比較して、感染者の喫煙率は大きく下回っている。

(引用ここまで)

で、ニコチンが新型コロナウイルスをキャッチするのではないかという
愛煙家にとっては神の福音のような仮説があるらしいのですが

でも100歩譲って喫煙者が新型コロナに感染しにくいとしても
喫煙者の方の肺胞細胞などの状態を考慮しますと
もし感染したら、非喫煙者よりも高い割合で重症化になるような気がします。
いや、喫煙による重症化についてはWHOがもう警告済みです。

その事を踏まえての僕の私見なのですが
「喫煙」が感染予防になるのではなく
「煙」で周囲の空気、そして気道などをカバーする事が
感染予防に繋がるのではと思います。

つまり
「お線香をあげる」「お香を焚く」「お灸」
ちょっと強引ですが
「焚火」「キャンプファイヤー」「BBQ」
こういった事でも
鼻粘膜からの感染が予防できるのかもしれません。

そして「煙」が有効だとしたら
「ミスト」も勿論効果的だと思われます。

自院にはこの2台の次亜塩素酸水のミスト生成器が
フル稼働で感染予防に努めております。
( シャボン玉はあくまでイメージです笑 )

投稿者プロフィール

武藏 泰弘
武藏 泰弘
むさし歯科医院 院長