鈴木貞夫さんというお医者さんが
PCR検査を増やす必要はないと
専門家の立場からフェイスブックで主張されています。

僕は不安を和らげる意味でも、唾液によるPCR検査なら
もう少し適用を緩めてもいいのではと思っています。
PCR検査条件の緩和により、多分統計上の感染者は増加するでしょう。
でも死亡者は変わらないので、それだけ感染者毎の致死率の数値が小さくなります。
つまり、ただでさえ低い日本での新型コロナ致死率を
さらに下げる事に繋がるからです。

動画にあるように
このWHOシニアアドバイザーである
進藤奈邦子さんの見解に全面的に賛成です。
本当にJapanese Miracle(日本の奇跡)だと思いますよ。
アメリカからは「奇妙な成功」と論評されていますが
もっと日本人は今回のコロナ対応に胸を張っていいと思います。

★★★★ 公開設定です.シェアお願いします.★★★★

(引用ここから)
5月10日のNHK特集。
WHOシニアアドバイザーの進藤奈邦子さんの見解。
アナウンサーの
「検査体制が不十分などの理由で、日本の対応の遅れを
指摘する声もありますけれども
世界的に見て日本のここまでの対策、どうご覧になっていますか?」という
「 検査体制不十分 」前提の質問を真っ向から否定しています。

・世界的に見ると、ほぼ奇跡とみられていたわけです。

・世界から仰ぎ見られるような感染症の専門家が陣頭指揮。

・世界からは「 Japanese Miracle 」みたいに考えられています。

・この「 検査の遅れ 」というのは、私たちは間違っていると思います。

・日本の戦略的検査は高く評価しています。以上です。

特に「 検査の遅れという認識は間違いだ! 」という事を
強調していますので、ぜひお聞きください。

日本の検査方法をWHOは高く評価しているのです。
しかし、マスコミはそうは報じず
国民の大多数は「 検査は遅れ、足りない 」と思っています。
マスコミ各社は進藤発言を黙殺することなく
検査が実際どうだったのかについて
きちんと検証、検討する必要があります。

(引用ここまで)