先週の土曜日は午後の診療をお休みさせてもらいました。
今回は学会などではなく、灘区歯科医師会の新年会に出席する為です、というより私はその準備担当の責任者なのです。簡単にいうと来賓を呼んでの会員家族の食事会なのですが、準備する側の特権としてアトラクションなどのアイデアを理事会に提案できます。
そこで私が提案したのが、「笛の詩人 きしもとタローさん」のケナ演奏でした。

実は私は小さい頃から、ムーミンに出てくる「スナフキン」に憧れていまして、ギターとケナの違いはありますが、このきしもとタローさんこそ「今の日本に生存する笛吹きスナフキン」だ、とお会いした時に思ったのです。
1年程前からふとした事で大ファンになり、ずうずうしくもHPにメールを送り続けて
この灘区歯科医師会新年会の出演交渉を行ってきました。

そのHPはこちらですhttp://taro.co.jp/
(パソコンの音量を大きめにしている人は気をつけてください!アクセスすると
いきなりMAXの音量で彼の音楽が流れるようになってます。最初はちょっと慌てました。)
どうしてこんななつかしくなるような旋律を奏でる事ができるのか・・本当に不思議な音楽です。

実は私も彼の演奏を聴いてケナをやってみたくなり、その旨を伝えたところ、タローさんに「私がケナを作りますよ。」と言っていただきまして、この前の新年会で待望のタローさん製マイケーナが私の手元へ届きました。
でも喜び勇んで早速吹いてみると・・・「しゅーー」という空気音しかなりません。
「え、小学校の時のソプラノ笛とは違うんだ・・・」といきなり壁にぶつかってしまいました。

今の私の課題曲はチャルメラのメロディーです。が・・・ドレミーレド、ドレミレドレー・・・これがまた難しいのです。油断するとすぐに空気音の「しゅー」になります。
ラーメンが食べたくなるチャルメラのメロディーを演奏する事!から私の特訓は始まりです。

今年に入ってからは歯科以外の内容ばかりのような・・・

投稿者プロフィール

武藏 泰弘
武藏 泰弘
むさし歯科医院 院長