診療所を開設していると色々なセールスが来るのですが、先日は電動ブラシ「フィリップス ソニケアー」の説明を聞く機会がありました。

products_main.jpg

「フィリップス ソニケアーは、世界の歯科専門家に最も推奨されている音波式電動歯ブラシブランドです。」と物凄い触れ込みのパンフレット。実際のデモ器械も触らせてもらったのですが、「こんなに振動回数が多いの!?」という位の超高速振動と、液体を強力に流動させる作用で歯垢を落とすそうで、(この技術は特許も取っているとか)2万7千円という価格も含めまして、とにかく圧倒されました。

の診療所では、あまりに高額な歯ブラシや歯磨剤の使用を患者さんには勧めていません。製品の出来に係わらず、高額なのだからよく効くはずと、患者さんがそれに依存しすぎてしまう傾向があるからです。

に電動ブラシに関しては、私の見解はずっと変わりません。

歯の裏側に毛先を当てるだけで裏側が綺麗になる。これが最大の電動ブラシのメリットです。普通の歯ブラシだとゴシゴシ振動を手で加える必要があるわけですから。つまり、「歯の裏側に毛先を当てる事を知らない人」にとっては、電動ブラシをいくら使っても歯の裏側は汚れたままなのです。そして歯の表側に関しては、大部分の人にとって歯磨きはそんなに難しい箇所ではありませんし、歯と歯の間に関しては、電動ブラシよりも一本何十円かの歯間ブラシのほうがはるかに優れています。電動ブラシの守備範囲(明らかにメリットと言える所)は、実はあまり広くないと私は思っています。

今日は電動ブラシのあら探しみたいなコメントになってしまいましたね。フィリップスさんごめんなさい。毛先はとても柔らかくて歯に優しそうだったし、歯の汚れは確かによく落ちそうでしたけどね。       

投稿者プロフィール

武藏 泰弘
武藏 泰弘
むさし歯科医院 院長