歯周病の歴史の続編を書くつもりでしたが、何人か子供で乳児期の反対咬合についての質問を受けましたので、一つ画期的な矯正装置について説明します。

対咬合(受け口の事です。下顎前突とも言います)の治療法については、①永久歯に生え変わる混合歯列の時期にヘッドギアとかの顎外固定装置を用いて下顎の成長を抑制する、あるいは②成長のピークを越えるまで様子を見て、その後に例えば外科的処置を行って治す、といった治療が主流です。

①は下顎の発達を外からの圧力で押さえつけるやり方であり、②は下顎が発達するのは遺伝なのだからそれには逆らわず、成長してから整形手術のように治す、というやり方です。 ですが、もっと自分の力で下顎の成長を抑制できないか?できれば簡単な装置で、できれば乳児期から使える装置はないか?といった研究は常になされていました。

そして今、画期的な装置が注目を集めています。 「ムーシールド」という矯正装置です。

簡単にいうと、舌の嚥下機能とオトガイ部(下顎の先の部分です)の筋肉を緊張させる事によって骨の成長を抑制するのです。
これは我々にとって大変素晴らしい装置です。 装置は子供用マウスピースのような、幼児にも優しい形状です。
昼間に少し装着して軽く練習しておいて、就寝時に装着してもらいます。
詳しくは診療所で説明します。もしお子様が反対咬合の傾向があるなら、是非一度ご相談下されば幸いです。

投稿者プロフィール

武藏 泰弘
武藏 泰弘
むさし歯科医院 院長