歯の中には「歯髄」という神経と血管が集まったものがあります。

それを取る(除去する)ということは、同時に血管も除去するという事になります。

つまり歯に血が通わなくなるという事なのです。
これの大きな問題は、歯の内部に細菌などが入り込んだ場合に、免疫が働かなくなるという事です。
ですので細菌が入り込まないように完全な歯髄のスペースの封鎖を、我々は治療の目標としています。
ですが細菌はミクロの単位なのと、歯髄を取った歯はどうしても栄養が行かない分(血管を除去しているので)弱くなっていますので、何年か後に歯の中に入っていく場合もあるのです。

歯周病などで動揺した歯牙を連結固定するとか、審美的な理由とか、その歯髄除去治療をする理由がはっきりある場合を除いて、我々歯科医が神経を取るというのは「 疼痛除去の為にやむを得ず取る 」場合が多いという事をご理解下さい。

そして歯の周囲の組織の知覚神経は勿論そのままですので、何か疼痛の原因となる疾患ができれば、また痛みを生じる可能性は充分あります。

書いていてなんか落ち込んでしまうような話ですね。皆様ごめんなさい。

「 歯に穴が空いていて、でもずきずき痛くなるまで我慢して、もう耐えられなくなって来院する・・・ 」
この来院のパターンにもし皆様がなっているなら、とても勿体無いと思うのです。(気持ちは勿論よくわかりますが・・・)

穴が空いていても症状が出ていない状態なら、まだ神経を残せる可能性は高いです。
是非その段階で一度診せてくださいね。

 

投稿者プロフィール

武藏 泰弘
武藏 泰弘
むさし歯科医院 院長